hana2.png その痛み要注意!!

当院のスタッフは長年の施術経験の中で、

  • 小学生や中高生でクラブを頑張っている子。
  • ママさんやパパさんとして現役でスポーツを続けている方。
  • プロとして第一線で活躍している選手。

など多くのスポーツ選手を診てきました。

その中でよくケガをする選手には条件があります。

  1. 運動前後(特に運動後!)の体操やストレッチを怠っている
  2. 筋肉自体が硬くなっているが対処していない
  3. 痛みや違和感を感じているがそのままにしている

他にもたくさんありますが、特に問題があるのは3番目の

痛みや違和感を感じているがそのままにしている方達です。

しかしそれが違和感としてあらわれた時点で、なんらかのケアが不足していたということ。
その上で身体からのSOSサインを見て見ぬふりしては手遅れになりますよ!!

早期治療が早期回復への近道!!先ずはこの事を忘れないでください。


hana2.png 正しい施術で早期復帰へ

当院ではケガをされた患者さんに対し、患者さまと一緒に復帰までのプランを立てます。

患者さまの中には大切な試合が近かったり、人数の関係で必ず試合に出ないといけないなど
色々な事情や思いがあります。

そこで大切なのは、プランを立てそこから逆算して施術を行うという事です。

正しい施術を行えば必ず光明が見えてくる

自分で何とかしようと思わずに、先ずはご来院下さい。


hana2.png 今まで診てきたスポーツ障害の症例

  • 捻挫(首、肩、肘、手首、手指、腰、股、膝、足首)
  • 挫傷(ぎっくり腰、足の肉離れ、腕の肉離れ)
  • 靱帯損傷(膝や肘の十字靭帯、前距腓などの足の靭帯、手指の靭帯(突き指など))
  • 骨折(手首、手指、足首、足指、肋骨)
  • 脱臼(肩、肘、手指、足関節腱脱臼)
  • 打撲(全身)

その他

  • 野球肩、野球肘、テニス肘
  • オスグット、シンスプリント(足の成長痛)
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱炎

上記以外の症状でもご相談下さい。
一緒に治していきましょう!!


▶▶直前のページへ戻る

a:1677 t:2 y:0